« 「自分」とは‥? | トップページ | 春の訪れ »

2008年3月 5日 (水)

重さ。

こんにちは、西山です。

雪国信州にくらしておりますが、
目下、アパート暮らし・徒歩通勤という
生活をしておりますので、
雪かきにはあまり縁がありません。

しかし先日、
小布施にしては結構な雪が積もったときのこと。
その日はちょうど休日で、
朝から車ででかける用事のあった私は、
駐車場の雪かきをすることになりました。

積もったといっても30~40センチくらいですので、
車にのってしまえば、
なんてことはなかったのですが、
車があるのが、駐車場の一番遠い端。
そして足元は、スニーカー。
(長靴は会社においてあるのです。)

・・ようするに、足元を濡らしたくなかったんですね。

アパート備え付けの、雪かきスコップを手に
最初は自分の通れる分だけをかいて、
進んでいったのですが、
どうせならと調子にのって、
広い面積の雪をどかしはじめました。

飽きたらやめればいいやと
しばらく雪をいじっていたのですが、
なんとそこへ、お隣さんが現れ
雪をかき始めたではありませんか。

その時、実はすでにかなり飽きていたのですが、
ちょっと離れたところで熱心に雪かきをする
お隣さんの手前、
なんとなく途中でひけなくなり、結局
二人で、ほぼ駐車場全体の雪をどけることに。
「こんなもんですかね」と
お隣さんと、挨拶以外の言葉を始めて交わし、
雪かき終了。
後に残ったのは、疲労感・・。

毎朝雪かきをする方々には、本当に頭がさがります。

そして、雪って結構重いですね。

人生の2/3を、雪なんてほとんど降らないところですごした
私にとって、雪に触る機会といえば、
何年かに一度、ほんとにうっすら積もるときか、
スキー場くらいでした。

そんなところで遭遇する雪は、
せいぜい手にとってみるぐらいの量ですので、
重さなんて感じないんですね。

雪に重さがあると身にしみてわかったのは、
ここ数年のことです。

ずっと地元にいれば、まだ気づいてなかったでしょうね。

つづく。

本日、所用により、新潟まででかけてきました。
小布施は結構いい天気だったのですが、
向こうについたら吹雪でした。

P1030738_2
13:00 妙高市
Img_3783_3
15:00 飯山
Img_3785_2
16:00 小布施

西山哲雄

|

« 「自分」とは‥? | トップページ | 春の訪れ »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

雪・つらら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/10981690

この記事へのトラックバック一覧です: 重さ。:

« 「自分」とは‥? | トップページ | 春の訪れ »