« テレビCM | トップページ | 建築は詩 »

2008年2月27日 (水)

本日KY勉強修了!

こんばんは、西山です。

私のブログの続きより先に、K氏のブログがアップされてしまったため、
我々がどこに行ってきたのか、あっけなくばれてしまいました・・。
斜め後ろでそのK氏が更新作業をしているようなので、
事と次第によっては、もとの文が消えてしまうかもしれませんので、
ここに引用しておきます。

  『ブログ順延』
  本日、「職長・安全衛生責任者教育」の受講につき、終日不在のため、

  ブログの更新は明日行います。

  あしからず...

  金石健太

・・・

多少意気消沈気味ではありますが、種明かしをしたいと思います。

KYという語は、
建設業界では「空気読めない」ではなく
「危険予知」なんです。
K=Kiken  Y=Yochi  で、「KY」。

我々の受講したこの講座の名称は、
「RST方式 職長・安責教育講座」
修了すると、職長および安責(安全衛生責任者)となることができます。
詳しい説明は省きますが、この講座で重要となるのが「KY」
なのです。

危険予知というその名の通り、
KYは、作業に潜む危険を事前に予想し、
事故や災害を防ぐということです。

事故や災害を起こさないということは、
建設現場にとって、非常に大事なことです。

そして同様に、職長や安責にとってもそれは
大事なことなのです。
安全な現場運営が職長や安責の大きな役目ともいえます。

そんなわけで、講義の最中には「KY」という言葉が飛び交います。
さらに、

 「KYT」
 「KYK」
 「KYM」
 「KYボード」
 「一人KY」
 「短時間KY」
 「KY活動日誌」

などという、さらなる略語も。
業界の人間じゃない人が聞いたら、ほんとに不思議な光景に違いありません。
大の大人が、「KY」を連呼し、熱弁を振るっているわけですから。

P1030652
P1030653

熟考中のT氏
彼を筆頭に、3人とも無事修了してきました!

西山哲雄

|

« テレビCM | トップページ | 建築は詩 »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/10796887

この記事へのトラックバック一覧です: 本日KY勉強修了!:

« テレビCM | トップページ | 建築は詩 »