« 粘土のありがたみ | トップページ | ブログの補助線 »

2008年2月20日 (水)

鳩よけフン闘記 ~その1~

こんにちは。最近、めっきり走る足取りが重くすぐ息があがる、土屋です。

まず、はじめに。
本日の内容は、気分を害してしまう恐れがありますので、
お食事前中後、また体調の優れない方はその覚悟を持ってご覧下さい。

さて、以前依頼を受けた置き屋根の鳩対策ですが、
いよいよ工事に取り掛かることになりました。

今回、問題なのは土蔵と屋根の隙間に鳩が入れてしまうことではなく、
入った鳩が落としていく大量の糞です。
それならば、ネットなどで覆わずに鳩が来ないようにできないか、と
鳩よけスプレーを散布し、効力を試してみたのですが、効果なし。
相変わらずの糞害に憤慨は収まらず、隙間を覆ってしまうことになりました。
どうやら染み付いた鳩の匂いに、スプレーの効力が及ばなかったようです。

以前は「板型」が採用されていた土蔵ですが、
今回は「ネット型(ソフト)」に決定。この詳細は後日。
まず、ネットの取付に先立って、
たまりに溜まった糞を掃除することからはじめることに。

作業内容が「糞掃除」だけに、気乗りしない自分を奮起させ、
現場に向かいましたが、現場を見て一気に気持ちが萎えてしまいました。

100_2805

一面糞だらけです。
よくもまあこんなにしたものです。他所でしてきてくれればいいのに‥
当たり所のない思いを押し殺し、萎えた気持ちを発奮させ作業を始めました。

100_2810

狭いところでの作業で体の変なところが痛くなるわ、
舞い上がる土(糞?)埃で憤死しそうになりました。
また、作業をしていると、どうでもいいことに気がつきます。

 ・とぐろを巻いた糞があること
 ・親近感がわくような、お腹の調子が悪そうな糞もあること。
 ・木材の下にもたくさん糞があり、場所を選んでいる鳩がいそうなこと
 ・北側より南側、また真ん中辺りが一番糞が多いこと

こんな思いは二度としなくてもいいように、
ネットの取付には万全を期さなくては、と強く思いました。

やっとの思いで作業を終え、土蔵から降りるとき、
隣の家の屋根では、鳩が私がいなくなるのを待っていました。

次回は、ネット取付編です。

土屋 直人

|

« 粘土のありがたみ | トップページ | ブログの補助線 »

T」カテゴリの記事

「修景事業」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/10643009

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩よけフン闘記 ~その1~:

« 粘土のありがたみ | トップページ | ブログの補助線 »