« 小布施ッション79 永田照喜治 -前編- | トップページ | 雪囲い »

2008年2月 5日 (火)

土木遺産 ~その1~

こんにちは、Eメールアドレスの確認がしたくて、
「結婚してください、お願いします!!」という内容でテストメールを送ったところ、
それを間違って違う社内の女性の元へ送信してしまっていた...
という事態が発覚したお茶目な上司の前に座って仕事に励んでいる金石です。

思わぬこの恋の行方、、、気になります。

さて、今日は僕の好きな小布施町の風景を紹介します。

Img_0578

小布施町内を流れるこの水路、
ご覧の通り護岸には大きな玉石が積まれています。
いつの時代に造られたかはまだ調べておりませんが、
以前には「豊かな土木技術と土木文化が存在していたこと」
は窺い知ることができます。

ちなみに、ここで言う「土木文化」とは、
これらの石はきっと近隣で採れた石で、
その「素材」を上手く用いる「技術」が存在していた...
という意味を込めて、勝手に「文化」と称しております。

さらに言うと、限られた地場の素材を上手く使いこなすことが「技術」で、
使いやすい素材(製品)を他所の土地から持ってきて処置することを「流通」と、
これまた勝手に定義しております。

だいぶ話が逸れましたが...

でもまぁ、ナンダカンダ理屈をこねては
「これは良いものです!」と誰かが言っておかないと姿を消しかねないので、
この際声を大にしてハッキリ言っておきます。

この水路は素晴らしいっ!このまちの土木財産です!!

Img_0576

そうやって見ると、この石たちもなんだか存在感が出てきますよね?
素材の「深み」が違う。
水路の幅と深さのバランスだとか、
よく見ると今の水路と全然違って、、、ね?

金石健太

|

« 小布施ッション79 永田照喜治 -前編- | トップページ | 雪囲い »

K」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/10273891

この記事へのトラックバック一覧です: 土木遺産 ~その1~:

« 小布施ッション79 永田照喜治 -前編- | トップページ | 雪囲い »