« ブログ始め | トップページ | 門松 »

2008年1月 9日 (水)

職人の気遣い

こんにちは、今年もTシャツを後ろ前に着てしまうという
不可解な癖が抜けない金石です。

本日は屋根の上で作業しました。
その建物には古瓦が乗り、眺めも良好な気持ちの良い現場です。

そこである事を発見!!
この写真をご覧ください。

Img_0218

Img_0219

どういう状態かわかるでしょうか?
これ、鬼瓦を裏側(棟の側)から見たところです。

注目すべきは両側の足の部分。
通常ですと、こんなところに模様なんてなく、
ただ平らな面があるだけです。
中には蓋をしないで中の空洞が丸見えのものもあります。

ところが、この鬼瓦は裏面まで装飾されているのです!

この鬼瓦がいつ作られたものかは不明ですが、
昔の職人はこんなところにも気を遣っていたのかと思うと頭が下がります。

Img_0227

金石健太

|

« ブログ始め | トップページ | 門松 »

K」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「職人のわざ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/9793667

この記事へのトラックバック一覧です: 職人の気遣い:

« ブログ始め | トップページ | 門松 »