« 京都、滋賀の旅 ~その9~ | トップページ | ぶらり上田の旅 ~その1~ »

2007年12月19日 (水)

京都、滋賀の旅 ~その10~

こんにちは、只今進行中の旧山田写真館の
家具のデザインで頭がいっぱいの金石です。

さて、先月より長々と続いた京都・滋賀の旅もいよいよ本日で最終章。
安土城址を堪能し、その石積みの施工方法を確認した後、
我々が最後に目指したのはこちら。

100_1910

100_1911

近江商人の発祥の地として広く知られる五個荘。
写真の中央でアホ面をさげている私が甚だ邪魔ではありますが、
白漆喰と板壁の剛健な土蔵・屋敷が立ち並ぶ地域です。

到着時刻が夕刻とあって、商屋内部を見学することができませんでしたが、
建物の外観やかすかに見える内部の庭園、
それに地区に張り巡らされた石積みの水路を見れば、
ここがいかに豊かな地域であったかは想像に難くありません。

写真がなくて申し訳ないのですが、この五個荘にしろ、美山にしろ、
景観が美しい地域には、それなりの土木工事がなされていました。

ここでいう土木工事とは水路であったり、石積みであったりするわけですが、
地域単位での緻密なデザインと素材選択、
そしてそれを成し遂げる確固たる技術が光ります。
そうしてできた足元空間に建物空間が合わさって、良い空間ができていました。

景観を考えるにはまず「建物」、ではなくて「建物+土木+・・・」
そんな風に考えられるようになった旅でした。

金石健太

|

« 京都、滋賀の旅 ~その9~ | トップページ | ぶらり上田の旅 ~その1~ »

「旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/9476849

この記事へのトラックバック一覧です: 京都、滋賀の旅 ~その10~:

« 京都、滋賀の旅 ~その9~ | トップページ | ぶらり上田の旅 ~その1~ »