« 茅ごしらえ終了! | トップページ | 浄光寺茅葺きレポート ~その1~ »

2007年10月24日 (水)

泥団子合戦

泥団子合戦のやりかた。

P1030337
①荒壁を用意します。多少固めがお勧めです。

P1030338
②丸めます。

P1030339
③振りかぶります。

Cahoc7l9
④見事命中。

Ca2rir6x
拡大図

あとはこれを繰り返すだけ。
簡単でしょう?

・・・
おわかりかとは思いますが、
遊びでやっているわけではなく、
きわめて真剣に、
仕事しているのです。

土蔵の修理を頼まれた我々はまず、
傷んだ壁をはがしていきました。
その結果、ひどいところは小舞まで見える状態になりました。

土蔵の小舞は、材も太く、奥行きがあるため、
鏝でベトを塗ろうとしても、奥までうまく入っていかないのです。

そのため、泥団子を作って、はたきつけるという方法をとりました。
これは、土蔵をつくるときには、きわめて一般的な方法ですので、
昔はどこでも見られた光景に違いありません。

P1030340
どんどん投げていくと、こうなります。

それにしても、

楽しすぎる!!

技術のない素人でも
家作りに参加でき、
しかも、楽しい。

そんな作業の連続で、
家ができるのだとしたら・・

そんな夢を、抱いています。

追伸

泥団子合戦の結果は、
跳ね返ってきたベトによって、
上から下まで泥まみれ。
おまけに、素手で丸めていた私は、
ベトの香ばしい匂いが手にこびりつき、
今現在もとれず・・。
完敗です。

西山哲雄

|

« 茅ごしらえ終了! | トップページ | 浄光寺茅葺きレポート ~その1~ »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

土壁」カテゴリの記事

「施工事例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/8596877

この記事へのトラックバック一覧です: 泥団子合戦:

« 茅ごしらえ終了! | トップページ | 浄光寺茅葺きレポート ~その1~ »