« 取り急ぎのつづき | トップページ | 本日のよしなしごと »

2007年10月30日 (火)

若一王子神社

こんにちは。浄光寺に自転車で向かう途中、結構なスピードを出していたら、
すれ違った小学生に「うわ~、あ~ぶね~」と叱られた、土屋です。

さて先日、大町市にある「若一王子神社」に行ってきました。
1ヶ月程前、大学時代にお世話になった茅葺職人の方に偶然お会いしたときに、
葺き替えをしている最中だとお伺いしたので見に行ってきました。

100_1515

100_1519_2

100_1524

こちらが若一王子神社の観音堂です。
残念ながら工事は終わってしまっていましたが、
葺き上がったばかりのようで、きれいな黄金色をしていました。
表面は温かみのある質感で、茅がぎっしり詰まった重厚感もあり、
また反りや起り、隅の曲線、とくに軒先のラインは美しく、
これらは茅葺ならではのものだと思います。
これを銅板葺やトタン葺にしてしまったら、見た目の雰囲気もさることながら、
軒先のライン、とくに角は茅葺のようにきれいには出せないと思います。
今後月日が経ち、どのように風合いが変わっていくかも楽しみです。

また、ここへ向かう途中、大町スキー場の前を通りかかると、
何やら子供たちとビーバー(草刈機)を持った大人たちの姿が。

100_1497

100_1504

屋根に使う茅刈りをするんだろうかと気になって聞いてみると、
「さんくろに使う茅をかるんだよ」とのことで、屋根には使っていないそうです。
はて、さんくろ?と思い聞いてみると、どんど焼きのときにつくる
三角柱の櫓のことを言うそうです。
屋根には使っていないそうで、もったいないと思ってしまいますが、
茅の質などもろもろ理由があるのでしょう。
とはいえ、やっぱりこの景色はいいですね。

土屋 直人

|

« 取り急ぎのつづき | トップページ | 本日のよしなしごと »

T」カテゴリの記事

信州の建築」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/8689457

この記事へのトラックバック一覧です: 若一王子神社:

« 取り急ぎのつづき | トップページ | 本日のよしなしごと »