« 思慮深く | トップページ | 木材の色 »

2007年8月 2日 (木)

小布施人は、小布施が好きか。

こんにちは、
相変わらず土と格闘している西山です。
埃とコンタクト(ハード)の相性が最悪だってことを痛感しております。

・土壁を落としていたら、中からこんなものが・・。
 P1020036
 わかりますか?瓦です。
 そういえば、あの鐘が無くなった土蔵の窓にも・・
 Img_2982
 土壁が風雨にさらされ、瓦が見えてきていますが、
 なんだかこれも、味があるように思えます。
 
 美しく朽ちていく

 というような価値観、今は流行らないんですかね。
 古い建物に触れていると、そんなことを考えてしまいます。
 

・先日TVにアレックス・カーさんが取り上げられていました。
 カーさんをはじめて知ったのは、小布施ッションでした。
 それから、『犬と鬼』を購入し、
 読み進めるたびに、日本に失望したことをおぼえています。

 カーさんの言葉で印象的だったのは、
 「京都の人は、京都が嫌いに違いない」というもの。
  京都には、世界遺産に登録されているように、
  多くのすばらしい寺院仏閣があるのに、
  街にはどんどんと高い建物がたち、
  京都の良さを消している。
  だからきっと、京都の人は、京都という町が嫌いに違いない。
 このような話だったと思います。

そして、『犬と鬼』の表紙の写真
 柴田敏雄さんの写真です。
 僕が、法面保護の写真をとるのは、
 完全に、この写真の影響です、はい・・。
 自分のルーツを再確認した、夏の一日でした。
 

西山哲雄

|

« 思慮深く | トップページ | 木材の色 »

N」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

土壁」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/7385497

この記事へのトラックバック一覧です: 小布施人は、小布施が好きか。:

« 思慮深く | トップページ | 木材の色 »