« 淡路の旅~その1~ | トップページ | 豊かな仕事場 »

2007年8月22日 (水)

最近は、田んぼに車は落ちない、と祖母。

こんにちは、西山です。
お盆に沼津に帰省し、その暑さにうんざりの毎日だったのですが、
小布施に帰ってきて、こちらの暑さに対して、
 沼津にくらべれば、たいしたこと無い
と、少し寛容になりました。
とは言っても、暑いですけどね。

さて、最近事務所から現場まで自転車移動している私の、
ちょっとした楽しみがあります。
それは、果樹園の散水です。
この時期、どのくだもの畑でも、りんごやブドウ、桃といった木に
スプリンクラーによって、水が撒かれています。
道路に接するような場所ですと、大抵は、
水が道路まで飛んでいかないように、工夫がなされてはいるのですが、
いくらかは、道路にも飛んできていて
歩道を自転車で走っていると、時折そのおこぼれに預かることがあります。
霧吹きで吹いたような、ほんのわずかな涼ですが、気持ちいいのです。

しかし今日、いつものように現場へ向かう道で遭遇したのはこれ
P1020292_2
道幅一杯、大胆にも散水されています。
一瞬どきっとしましたが、引き返すわけにも行かず、通りました。
落ちてきたのは、霧というより、雨粒。
夏だから、濡れたってたいしたことないんですけどね、
雨に比べても全然ましだし。

ただ、気持ちよくはなかったです。
そしてこの写真を撮った直後、
スクーターに乗ったおばさんが、若干肩をすぼめて通っていきました。

”気持ちいい”の境界線を感じた、夏の日でした。

P1020154

西山哲雄

|

« 淡路の旅~その1~ | トップページ | 豊かな仕事場 »

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/7634207

この記事へのトラックバック一覧です: 最近は、田んぼに車は落ちない、と祖母。:

« 淡路の旅~その1~ | トップページ | 豊かな仕事場 »