« 西山質問箱 | トップページ | 和室とエアコン »

2007年8月28日 (火)

日本人の美意識

昨日は移動の疲労によりブログをアップできず大変失礼いたしました。
什器の搬入のために立川まで行ってきたのですが、
移動と最後の追い込み真っ只中の現場の殺気立った雰囲気に
すっかりやられてしまったのです。

仮囲い1枚隔てたあの空間の中に、
あれだけの人数の職人が昼夜を問わずピリピリしながら作業しているなんて、
道行く人は考えもしないだろうなぁ。(僕自身も想像していませんでした...)
まぁ、什器の設置という任務は無事に果たしてきたわけであります。

さて、連日にわたり取り上げられている「階段の疑問」ですが、
困ったことに少々強引なフリによって、僕も答えざるを得ない状況になっております。
そこで手元の書籍でざっと調べてみたのですが、
あまりはっきりとした回答は得られませんでした。

ただ、階段には「梯子段」という通称があったようで、
2階の使用頻度の少なさから、2階へのアクセスは梯子が主であったようです。
それでも裕福層は2階に茶席や書斎を設けることも多く、
梯子ではなく階段を設けていることが多いとのこと。
要するに、「梯子を歩いて上り下りできるようにしたのが階段」というわけです。

急勾配なのは建物の構造上の問題かと思います。
今日の住宅のように廊下はないので、
どうしても部屋の中に階段を設ける必要があった。
そうすると土屋君も述べたとおり、急にならざるを得ない状況が発生します。

興味深いのは、古い民家では階段を押入れの中に設けているケースもよくあり、
一見したところ階段の存在自体に気付かないこともあるそうです。
例外的なのは皆さんもご存知、箱階段。
家具をそのまま階段にしてしまおうという発想です。

このように概観すると、昔の建物の階段が急勾配である謎は、
2階の使用用途や頻度が大きな要因として考えられます。

しかしながら一方で、日本人は縦横の線を基本とする和室の空間に対して、
斜めの線である階段を持ち込みたくなかったとも考えられませんかねぇ?
和室の美しさはピシッと通った柱や長押、天井、畳のラインであって、
それらの配置の中にある「間」の空間がミソだったりします。
僕なんかは理論的な回答よりも、真っ先にこっちを思ってしまいます。
そして、そのような美意識の元に造られた「箱階段」は美しいと思うのであります。

金石健太

|

« 西山質問箱 | トップページ | 和室とエアコン »

Q&A」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/7714774

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の美意識:

« 西山質問箱 | トップページ | 和室とエアコン »