« 地域の財産 | トップページ | 最近は、田んぼに車は落ちない、と祖母。 »

2007年8月21日 (火)

淡路の旅~その1~

こんにちは、お盆休み明け意を決してダイエットを始めた土屋です。
とりあえず先日から、エアコンとビール断ちしてます。
夜、窓を開けていると気持ちいい風が吹き込み、
虫やカエルの鳴き声が聞こえてきました。
エアコンを使っていて窓を閉め切っていたので、気付かなかったんですね。

お盆休みを利用して大学時代の友人たちと淡路島に行ってきました。
毎年お盆休みにみんなでどこかに集まるのが恒例の行事となり、
今年の会場が淡路島になったわけであります。

明石で友人たちと合流し、まずは鳴門海峡へ。
途中、体が浮きそうなくらいの強い風の中、いざ大鳴門橋の展望台へ。
時間的にも満潮時を狙い、しかも大潮ということで、
すごい渦を期待していたのですが、残念ながら渦は見れませんでした。
いつでも渦があるわけじゃないんですね。

さて、この大鳴門橋ですが、1998年の完成後、
今では1日約1万7000台と、瀬戸大橋を上回る通行量があり、
四国の方にはなくてはならない橋かと思います。
また、これも初めて知ったのですが、
この大鳴門橋、現在利用されているのは道路のみですが、
実は新幹線が走れるように鉄道も併用できるそうです。詳しくはこちら

100_0733

100_0734

100_0731

渦は見れませんでしたが、橋からの景色と、
写真では分かりづらいですが、海流がぶつかり合う迫力はすごかったです。
しかし、この強い風と海流の中での工事は大変だったと思います。
きっと工事に携わった人たちにとって、この橋は誇りなんだろうと思います。
こうしたところも、建築や土木に携わる魅力かもしれません。

それでは次回、淡路の旅~その2~です。

土屋 直人

|

« 地域の財産 | トップページ | 最近は、田んぼに車は落ちない、と祖母。 »

「旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/7622714

この記事へのトラックバック一覧です: 淡路の旅~その1~:

« 地域の財産 | トップページ | 最近は、田んぼに車は落ちない、と祖母。 »