« 待望の・・ | トップページ | 夏といえば・・・ »

2007年7月11日 (水)

松川の階段

今日から小布施見にマラソンの仮設橋を作り始めました。
とはいっても我々が作っているわけではなく、
鳶さんたちが作っているのですが...

Img_7362

さすがに手際がよく、毎年この無駄のない作業ぶりを見ては感心させられます。
今年もいよいよマラソンの季節になったんですね。

さて、この仮設橋ですが、河原を散歩する地元の人々には好評で、
毎年「常設化できればいいのに…」という声を耳にします。
その声が行政にも届いたらしく、
松川の河川改修工事で歩行者が橋の下を渡れるようになりました!!
そしてこれがその「歩行者のための階段っ!!」

Img_7363_1

Img_7365

・・・・・

以前にも紹介しましたが、一目見たとたんに言葉を失ってしまいます...

ハッキリ言います!
コンクリートで石の形を作るなんてナンセンスです。
しかも御丁寧にキッチリと規則正しく...

コンクリートがよくないなんて言いません。
コンクリートにはコンクリートなりの素材感があって、
河原などの空間ではそれなりにその場に馴染むんです。
その場合、変な凹凸をつけるよりも
スッキリとした必要最小限のデザインにとどめた方が快適であることくらい
少し考えれば誰でもわかるはずです。
だいたいこの凹凸のせいで、ものすごく上り下りしにくくなっています。

それなのにわざわざ余計なお金までかけて...
いっそのこともう少し余計なお金をかけて、凹凸を削ってみてはどうでしょうか?

「町民のため」というせっかくの心意気をもっとうまく形にしてください。
お願いします。

金石健太

|

« 待望の・・ | トップページ | 夏といえば・・・ »

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/7103486

この記事へのトラックバック一覧です: 松川の階段:

« 待望の・・ | トップページ | 夏といえば・・・ »