« 置屋根 | トップページ | 早起きは三文の徳 »

2007年6月 5日 (火)

新潟の旅 ~その1~

先週末、久しぶりに遠出をして、新潟市に行ってきました。
高速道路で行くのが一番早いですが、せっかくなので早起きして、
途中から海沿いの国道を北上していくことにしました。
西山I.C.で降りて、海沿いへ向かう途中の河川改修(?)にびっくりです。

P1020094_1

上の写真の中央の堤防は玉石でぎっしりです。
掘り起こした中の石を使ったのでしょうか。すごい数です。
ポツポツと茅が生えていました。
そして、山道を抜けて海沿いにでると、
天気もよく、久しぶりに見た海にテンションは急上昇です。

P1020096_1

北上を始めてすぐに、出雲崎の妻入りの町並みになりました。
この辺りの地域は昔、間口によって税金が掛けられていたそうで、
間口2間から3間くらいの家が並んでいます。

P1020106

P1020111

車がギリギリすれ違えるくらいの道幅の両側に、
家が密集していますが、その密集した感じが私は心地よかったです。
また、長野の漆喰や土壁の古い家とは違い、
軒下までの板壁が印象的です。潮風が直接当たらないところには、
漆喰も見られ、潮風から家を守っているのでしょうか。
ということは、漆喰や土壁が潮風に弱いから板壁なのか、
それとも他の理由からなのか、調べてみたいと思います。

P1020101

海とは反対側にある小高いところに組まれた石積みは、
平べったい石が積まれ、これも長野の石積みとは違う感じです。
また、瓦葺屋根が多いですが、気候との関係もあるでしょうが、
コケの生えたような瓦はほとんどなかったように思います。

今回の旅は、目的地が新潟市だったため、
ゆっくり回れず、通過しただけだったので、
あらためてゆっくり回ってみたいと思いました。

その2につづく。

<本日の一枚>
「このコーナーはいらない」との手厳しい声もあるようですが、
まだまだ続けていきます、本日の一枚のコーナー。
卒業旅行フィレンツェ編第3回目の今回は、街角スナップです。

Dscn8304

フィレンツェの自転車にも、日本のママチャリ同様荷台があるんですね。
スタンドがないのが気になりますが、フィレンツェでは、
ペダルで支えるのでしょうか。

土屋 直人

|

« 置屋根 | トップページ | 早起きは三文の徳 »

「旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/6676268

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟の旅 ~その1~:

« 置屋根 | トップページ | 早起きは三文の徳 »