« 2.小茅と大茅 ~地上では大茅がつよく、屋根では小茅がつよい。 | トップページ | しみず »

2007年5月 9日 (水)

足跡

すっかり初夏の陽気となりました。
散歩が気持ち良い季節です。

今日は界隈を歩いていて見つけた土壁を紹介いたします。

Img_7237

これは高井鴻山記念館の壁です。
場所は「幟の広場」の駐車場の一番奥、
オープンガーデンのお宅の庭への入口の横に当たります。

ご覧の通り壁一面に黒いポツポツが広がっていて、
土壁に描かれた模様がとても綺麗で目を惹きます。

「これは何だろう?」とよく見ると、ここに生えていたツタのような植物が
自分を支えるために生やした根のようなものでした。
言うならば植物の足跡です。
残念ながらこの足跡を残した植物は枯れていましたが、
それでも尚、枯れた枝が壁にくっついていて、それはそれで画になります。

Img_7233

Img_7235

この枝を取らずに残している記念館のスタッフのセンスは素晴らしい!!
そして、この植物を導いた土壁も素晴らしいっ!!

金石健太

|

« 2.小茅と大茅 ~地上では大茅がつよく、屋根では小茅がつよい。 | トップページ | しみず »

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/6358868

この記事へのトラックバック一覧です: 足跡:

« 2.小茅と大茅 ~地上では大茅がつよく、屋根では小茅がつよい。 | トップページ | しみず »