« 達磨窯再考 ~その4~ | トップページ | ガス窯で焼いた瓦は、自然素材といえるか? »

2007年5月18日 (金)

うるおい

私は4年前から早起き野球をしています。
今日も試合があり4時45分に家を出ました。
早起き野球の日はいつもと違った景色を見ることができます。

P1020074_2
日の出間近の空。

P1020075
日の出と共に戯れる若者たち。

早起きはつらいですが、早朝の運動はなかなか気持ちいいものです。
その帰り道延徳たんぼを通ると、水が張られ始めていました。

P1020077

P1020079

小高いところから見下ろすと、広大な乾いた畑に徐々に水が浸透して、
土地がうるおっていく感じがします。また、水面に写った山並みがきれいです。
田んぼといえばゲンゴロウやタガメなど様々な生き物が観察できますが、
この延徳たんぼ、生きた化石といわれる「カブトエビ」なる生き物が
確認できるようです。(詳しくはこちら
薬品を使わなくなった一部の田んぼで見られるようですが、
薬品を使わないことは人体にやさしいだけでなく、
環境にもやさしいということがわかります。

これから、田植えをから刈り取りまでには、
いろいろな景色や生き物を見ることができることかと思います。
昨年の冬には「コハクチョウ」も飛来したりと、
これからまた一年を通して楽しませてくれそうです。

<本日の一枚>
再び卒業旅行編に戻りまして、ミラノ編最終回です。

Dscn7998

ミラノ市街の信号機です。
日本のように高いところにはなく、見た目もスッキリしています。

土屋 直人

|

« 達磨窯再考 ~その4~ | トップページ | ガス窯で焼いた瓦は、自然素材といえるか? »

「小布施の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/6465395

この記事へのトラックバック一覧です: うるおい:

« 達磨窯再考 ~その4~ | トップページ | ガス窯で焼いた瓦は、自然素材といえるか? »