« 完成! | トップページ | 仁科神明宮 »

2007年4月23日 (月)

茅場のはなし その0

昨日のこと
いつもより少し早起きして向かったのは、小谷村。
目的は、茅場の「のびつけ」の取材。
一時間ほど車をとばし、道のりの半分を過ぎた頃、
電話がかかってきた。
雨が降り出したので、本日ののびつけは延期とのこと。
僕のいた場所はまだ雨は降っていなかったが、
小谷村では、さきほど降りだしたという。

今年は、暖冬の影響で雪が少なく、
例年にくらべ、早めの日程であったため、
余裕もあるのだろう。
小雨程度では、やってやれないこともないだろうが、無理はせず、
来週に延期となった。

昨年は遅れに遅れ、最後は、次の日曜まで延期できず、
次の日(月曜日)におこなわれた。
あまりに遅くなると、茅の成長に影響がでるのだろう。

そんなことを考えながら、帰った。

こんにちは、西山です。
上の文章は、なんのことやらさっぱりわからないと思いますが、
これから数回にわたり、茅場のことを書いていきたいと思います。

キーワードについて、少し説明しておきます。
「茅場」
 →簡単にいうと、茅葺屋根に使われる、茅を育てている場所のことです。
   下の写真が小谷村の茅場です。

Img_2224

「茅」
  →屋根材としてつかわれる草の総称。
   詳しくは後日としますが、ごくおおざっぱに言うと、茅=ススキです。

「のびつけ」
 →茅場を焼くことです。茅の成長を促します。

本日のところはこのへんで。
つづく。

〈本日の法面保護〉

P1010352
PCアンカー工法(セミスクエアタイプ)というらしいです。
なんだかすごく過剰に見えます。

西山哲雄

|

« 完成! | トップページ | 仁科神明宮 »

N」カテゴリの記事

素材探訪」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「調査・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/6188501

この記事へのトラックバック一覧です: 茅場のはなし その0:

« 完成! | トップページ | 仁科神明宮 »