« 憩いの場 | トップページ | 達磨窯再考 ~その1~ »

2007年4月 2日 (月)

窯出し

こんにちは、
何千本もの桜が咲き誇る名所よりも、田んぼの脇なんかにぽつんとある1本の桜の木に惹かれてしまう西山です。

さて、本日甘楽に行ってまいりました。

先週ついに初めて達磨窯に火が入り、今日はその窯出しとなりました。
といっても、窯はまだ完成ではなく、何回か火をいれながら、土を塗り重ね、完成に向かうようです。

P1010169
窯から瓦を出しています。

P1010178
窯から出された瓦。
いぶし銀です。

P1010185
燃焼室の天井。瓦が見えます。縄は焼けてしまったようです。
火入れから4日たっているとのことですが、中はまだ熱気がこもっています。

P1010204
土を投げ、塗りつけていきます。
この天井を塗り終わってから、二回目の火入れを行うそうです。
一度目は見逃しましたが、次回はぜひこの目に焼き付けたいと思います。

P1010195

見た目はもう、立派な窯です。

西山哲雄

|

« 憩いの場 | トップページ | 達磨窯再考 ~その1~ »

N」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「職人のわざ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/5950679

この記事へのトラックバック一覧です: 窯出し:

« 憩いの場 | トップページ | 達磨窯再考 ~その1~ »