« 「当たり前」が難しい | トップページ | ガラス窓 »

2007年2月26日 (月)

本日も晴天なり

P1000672_1

瓦の点検、修理をする職人さん。

小布施堂界隈の屋根は、古い瓦が多く使われているため、

新しい瓦にくらべ、どうしても手をかけることが多くなります。

年に一度、雪解けとともに見回ってもらい、

割れた瓦は取替え、ずれた瓦はもとに戻すといった作業をお願いしています。

例年は、4月か5月ころの作業となりますが、今年はもう雪もないため、

この時期となりました。

昨年の大雪では、屋根に積もった雪が下の屋根に落ち、割れた瓦が非常に多かったとのことですが、

今年はやはり、損害は少ないようです。

こんなところにも、暖冬の影響があるんですね。

〈本日の看板〉

P1000664

醤油、味噌と書いてあります。

主張しすぎない感じが、好感が持てます。

 他の看板より目立てばいい。

 そのために、より大きく、より派手に。

そういった考えではない、別の考えが、

この看板の背後にはある気がしてなりません。

まだまだ先人に、見習うことはたくさんあると感じます。

西山哲雄

|

« 「当たり前」が難しい | トップページ | ガラス窓 »

N」カテゴリの記事

「小布施の風景」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/5493779

この記事へのトラックバック一覧です: 本日も晴天なり:

« 「当たり前」が難しい | トップページ | ガラス窓 »