« 当たり前は、本当に当たり前か | トップページ | 見上げてごらん♪ »

2007年2月 9日 (金)

ズバッ!!と

悪戦苦闘続きの鬼瓦製作ですが、ようやく全てのパーツを付け終わりました!
粘土の収縮や乾燥と戦ってきた数日でしたが、
これで区切りがついて一安心といったところです。
この後、波や菊の花弁・葉の模様を彫っていく作業に移ります。
(ここからも気の抜けない作業が続きますが、、、)

Img_7016 Img_7017

僕らの作業は主に夜に行われます。
昼間は通常勤務しておりますので、
基本的に鬼瓦製作は午後7:00過ぎからの数時間でコツコツと進めています。
ところが、この作業の仕方が大きな問題を抱えているのです。

最大の問題が「粘土が乾燥する」ことです。
乾燥すると粘土同士が付かなくなるし、
収縮に伴って乾燥度合いが違う箇所がヒビ割れてしまいます。
作業するにあたっていいことはほとんどありません。
毎日、霧吹き等で水をかけたりしているのですが、
なかなか言うことをきいてくれないのが粘土という素材なんです。

まぁ、要するに、全てのパーツを付け終わったということは、
とりあえず「ヒビ割れ」の脅威から解放されたということになります。
実際にやってみて改めて思うのは、鬼瓦を作るときはたっぷりの時間を割いて、
短期間でワァ~ッ!!と仕上げてしまわないとダメということですね。
そのほうが乾燥はしないし、作品にも勢いが出ますし、いいこと尽くめです。
「心を決めて、ズバッ!!と取り組む」これが鬼瓦作りの正しい姿勢です。

そういえば、我が修景事業にも「心を決めて、ズバッ!!と」行動した男が...

金石

|

« 当たり前は、本当に当たり前か | トップページ | 見上げてごらん♪ »

T」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/5277946

この記事へのトラックバック一覧です: ズバッ!!と:

« 当たり前は、本当に当たり前か | トップページ | 見上げてごらん♪ »