« できるかな‥ | トップページ | 筆の文化 »

2007年1月22日 (月)

良い出会い

先週の土曜日、埼玉からの帰りに、群馬県の甘楽町に立ち寄りました。

目的は、この地で動き出している、達磨窯プロジェクトの取材です。

お会いしたのは、このプロジェクトの中心である、屋根舞台の小林保さんと徳井正樹さん。

屋根舞台は、甘楽町を拠点に非常に魅力的で、地に足の着いた活躍をされている集団です。

・・すいません、知ったかぶりです。

活躍は雑誌等で拝見していましたが、お会いするのはこの日がはじめてでした。

屋根舞台の活動やこのプロジェクトについては、こちらに詳しいです。

(修景事業のホームページも、こんな素敵なページにしないとなぁ。)

この日なぜ、我々が取材に訪れたのかというと・・

そう。我々も達磨窯で瓦をつくりたいと考えているからなのです。

しかし、

達磨窯をつくれば瓦づくりがはじめられる、達磨窯プロジェクト@甘楽にくらべ、

我々の達磨窯@小布施は、まだまだ先は長い・・。

窯の立地の問題、職人の問題、瓦を成型する技術や設備の問題・・

問題は山積み。いっそのこと、

まだ、何もない

と言ってしまったほうがいいくらいです。

こんな我々に、お二人はしっかりと向き合ってくださいました。

印象にのこったのは、「風呂敷を広げすぎないほうがいい」という言葉。

まずは、自分たちの手の届くところ、できる範囲でやっていこうと、

そんな気持ちになったのでした。

でも、あまりゆっくりしていられないのも事実です。

達磨窯に関する技術が、今まさに失われかけているからです。

あせらず急いで、やっていこうと思います。

P1000344

現場は、立派な上屋がかけられ、穴が掘られた状態でした。

西山

|

« できるかな‥ | トップページ | 筆の文化 »

N」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

「職人のわざ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/5034479

この記事へのトラックバック一覧です: 良い出会い:

« できるかな‥ | トップページ | 筆の文化 »