« 七転び八起き | トップページ | 気になること »

2007年1月16日 (火)

行儀良く並んでいるモノ

先日、INAX BOOKLETシリーズ『瓦』を読んでいると、
心動かされるフレーズと出会えた。

―別に昔をなつかしむ積もりはありません。かつて、建築物の「構え」には
  色々な生きた素材の持ち味が生かされ、行儀よく並べられ、
  組み立てられ、生かし続けられていました。
       (※以上、山田脩二「今さら、瓦でもあるまいに」冒頭より抜粋)

「行儀よく並べられ・・・」
うん、これだっ!!
色むらのある瓦たちが見事に組み上げられてできる甍の波、
膨大な数の茅が積み上げられてできる重厚感のある茅葺屋根、
畑の際に積み上げられた小石、
塀や土蔵の壁の脇に整然と積み上げられた薪、
軒先に吊るされた干柿...

Photo_9 Photo_10

こうして考えてみると、自分が「素敵だな」と心惹かれるものの共通項は、
バラバラな性格のものが「行儀よく並べられた姿」だったんだ!
それらは地道ながら、確実に人の手によって作り出されたモノたち。
「無骨な力強さ」を持ったこうしたモノたちは、
決まって遠景からの眺めで自然と調和して、その土地の景色となっている。
反対に、全く同じ性格のもの(=工業製品)が「行儀よく並べられた姿」
というのは、どこか薄っぺらで違和感がある。
適度な「素材のバラつき」と「行儀よく並べられた姿」のバランスこそが、
美しい景観を織りなしているんだ!

おぉっ!
自分の漠然と抱いていた想いに、しっくりと言葉が納まりました!
山田脩二さん、素敵な言葉をありがとう。
今さらながら、こうした景観を生み出してきた
先人達の努力と技術に頭が下がります。
自分も素材を「行儀よく並べられる」人になりたいものです。
身の引き締まる想いです。

というわけで、一昨日、気合を入れ直すべく頭を丸めました。
どういう訳か、刈り上げた髪の長さに少し「バラつき」があります。
それでも、結構「行儀よく並んでいる」と思います。
僕の頭も信州の景色と調和しているといいなぁ。

金石

|

« 七転び八起き | トップページ | 気になること »

K」カテゴリの記事

「ひとりごと」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

「行儀よく並んでいる」
素敵なフレーズです。
光景が目に浮かぶようで、心にしっくりくる感覚です。

投稿: 早川 | 2007年2月 4日 (日) 19時18分

性格の違ったイガグリ頭が綺麗に三つならんでいるのをみるととてもホッとします☆

投稿: 修景?平? | 2007年1月18日 (木) 06時27分

刈り上げた髪の写真は?

投稿: | 2007年1月17日 (水) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/194472/4952202

この記事へのトラックバック一覧です: 行儀良く並んでいるモノ:

« 七転び八起き | トップページ | 気になること »